秋田県で介護用品(福祉用具)のレンタル・購入、住宅改修のご相談なら

介護保険はご存知ですか?~初めての方へ~

  • HOME »
  • 介護保険はご存知ですか?~初めての方へ~

介護保険制度のしくみ

介護保険は、介護を必要とする状態となっても、自立した生活が送れるよう、高齢者を社会全体で支える制度です。
また、介護を必要としない方に対しても、従来の生活を続けられるように、介護予防を通じて支援する仕組みでもあります。

サービスを受けられるのは、65歳以上の方と、40~64歳で特定の疾病により介護が必要と認められた方になります。

介護保険 第1号被保険者

対象となる方 65歳以上の方
保険料の支払い 原則として年金からの天引
サービスを受けられる方 介護を必要(要介護)と認定されるか、または介護予防が必要(要支援)と認定されると、それぞれ介護サービスと介護予防サービスを受けられます。

介護保険 第2号被保険者

対象となる方 40~64歳までの医療保険に加入している方
保険料の支払い 加入している医療保険の保険料に上乗せして一括納入
サービスを受けられる方 末期がん、初老期における認知症、脳血管疾患など老化が原因とされる病気(特定疾病※)により要介護か要支援と認定された場合にサービスが受けられます。

【※介護保険で対象となる特定疾病】
1.がん末期
(医師が一般に認められている医学的知見に基づき回復の見込みがない状態に至ったと判断したものに限る。)
2.関節リウマチ
3.筋萎縮性側索硬化症
4.後縦靱帯骨化症
5.骨折を伴う骨粗鬆症
6.初老期における認知症
7.進行性核上性麻痺、大脳皮質基底核変性症及びパーキンソン病※
8.脊髄小脳変性症
9.脊柱管狭窄症
10.早老症
11.多系統萎縮症
12.糖尿病性神経障害、糖尿病性腎症及び糖尿病性網膜症
13.脳血管疾患
14.閉塞性動脈硬化症
15.慢性閉塞性肺疾患
16.両側の膝関節又は股関節に著しい変形を伴う変形性関節症

要介護の目安と利用限度額

介護保険のサービスを利用するには、介護保険を運営する保険者(お住まいの市区町村)から要介護認定を受ける必要があります。
要介護の状態によって、利用できるサービス内容・支給限度額が異なります。

要支援1

基準 日常生活上の基本動作については、ほぼ自分で行えるが、今後要介護状態になることを予防するため、少し支援が必要な状態。
IADL(手段的日常生活動作※1)について何らかの支援を要する状態。
状態の目安 食事や排泄など身の周りのことは、ほとんど自分でできる状態
支給限度額 居宅サービス費 月5万0,030円
福祉用具購入 年間10万円
住宅改修 一つの住宅につき20万円

※1・・手段的日常生活動作とは、買い物や洗濯、掃除等の家事全般や、金銭管理や服薬管理、外出して乗り物に乗ることなどを指し、最近は、趣味のための活動も含むと考えられるようになっています。

要支援2

基準 要支援1の状態から、IADL(手段的日常生活動作※1)がわずかに低下し、何らかの支援が必要となる状態。
状態の目安 身の周りのことや日常生活に一部支援が必要だが、介護予防サービスなどの支援があれば状態の維持・改善が見込まれる状態。
支給限度額 居宅サービス費 月10万4,730円
福祉用具購入 年間10万円
住宅改修 一つの住宅につき20万円

要介護1

基準 要支援2の状態から、IADL(手段的日常生活動作※1)を行う能力がさらに低下し、部分的な介護が必要となる状態。
状態の目安 日常生活はおおむね自立しているが、排泄や入浴などに一部介助が必要。
立ち上がりや歩行がやや不安定で支えが必要な状態。
支給限度額 居宅サービス費 月16万6,920円
福祉用具購入 年間10万円
住宅改修 一つの住宅につき20万円

要介護2

基準 要介護1の状態に加え、ADL(日常生活動作※2)についても部分的な介護が必要となる状態。
状態の目安 食事や排泄、入浴、衣類の脱ぎ着などに一部または多くの介助が必要。
立ち上がりや歩行に支えが必要な状態。
支給限度額 居宅サービス費 月19万6,160円
福祉用具購入 年間10万円
住宅改修 一つの住宅につき20万円

※2・・日常生活動作とは、食事や排泄、整容、移動、入浴等の基本的な行動を指します。

要介護3

基準 要介護2の状態と比較して、ADL(日常生活動作※2)及びIADL(手段的日常生活動作※1)の両方の観点からも著しく低下し、ほぼ全面的な介護が必要となる状態。
状態の目安 食事や排泄、入浴、衣類の脱ぎ着などに多くのまたは全面的な介助が必要。
立ち上がりや歩行が自力では困難な状態。
支給限度額 居宅サービス費 月26万9,310円
福祉用具購入 年間10万円
住宅改修 一つの住宅につき20万円

要介護4

基準 要介護3の状態に加え、更にADL(日常生活動作※2)が低下し、介護なしには日常生活を営むことが困難となる状態。
状態の目安 日常生活全般で能力の低下が見られる。
食事や排泄、入浴、衣類の脱ぎ着などに全面的な介助が必要。立ち上がりや歩行は困難で寝たきりに近い状態。
認識力、理解力などに衰えが見られ問題行動をとることもある。
支給限度額 居宅サービス費 月30万8,060円
福祉用具購入 年間10万円
住宅改修 一つの住宅につき20万円

要介護5

基準 要介護4の状態より更にADL(日常生活動作※2)が低下しており、介護なしに日常生活を営むことがほぼ不可能な状態。
状態の目安 日常生活全般に渡り、全面的な介助が必要な状態。
立ち上がりや歩行はできない寝たきり状態。
認識力、理解力などに衰えが見られ問題行動をとることもある。
意思の伝達が困難なこともある。
支給限度額 居宅サービス費 月36万0,650円
福祉用具購入 年間10万円
住宅改修 一つの住宅につき20万円

福祉用具専門相談員がご相談をお受けします TEL 0120-971-294 受付時間 9:00~17:00(土日祝日を除く)
お気軽にお問い合わせ下さい

PAGETOP
Copyright © 秋田の介護負担軽減ナビ All Rights Reserved.