秋田県で介護用品(福祉用具)のレンタル・購入、住宅改修のご相談なら

住宅改修

  • HOME »
  • 住宅改修

住宅改修とは、介護が必要になっても住み慣れた住宅で在宅生活を送るため、住宅を改修する費用を20万円まで支給してくれる制度です。
利用限度額を20万円とし、住宅改修にかかった費用の9割(一定以上の所得がある方は8割)が介護保険から支給されます。
原則、1人1回しか利用できませんが、引っ越して住宅が変わった場合や介護度が著しく変化した場合は改めて住宅改修費の支給を受けることができます。

住宅改修の基礎知識

利用対象者

日常的に在宅で生活をして、介護保険における要介護1~5または要支援1~2の認定を受けている方です。

どんなとき

・スロープを設けて敷居や段差をなくしたいとき
・床を滑りにくくして転倒を予防したいとき
・車いすでも出入りしやすいよう自宅をバリアフリーにしたいとき
・移動の負担を減らすため、手すりを設置したいとき
・立ち上りを楽にするため、和式トイレから洋式トイレに取り替えたいとき

住宅改修の工事内容

1.手すりの取り付け
転倒予防のために手すりを取り付ける工事や移動・移乗動作を補助のために手すりを取り付ける工事が対象となります。
廊下やトイレ、浴室など屋内だけでなく、玄関から道路までの玄関先通路など、屋内だけでなく屋外に設置したものも介護保険の支給対象となります。

<対象外>
・工事を伴わない手すりの設置{介護用品(福祉用具)レンタルの対象}

2.段差の解消
居室と廊下など、各部屋と部屋の床の段差を解消するために行う工事が対象となります。
また、玄関から道路までの玄関先通路に段差や傾斜がある場合、それを解消するための工事も対象となります。

<対象外>
・工事を伴わないスロープの設置{介護用品(福祉用具)レンタルの対象}
・浴室にすのこを設置すること{介護用品(福祉用具)購入の対象}

3.床材料の変更
滑って転倒しないよう浴室や廊下の床材を滑りにくい材質に取り替える工事が対象になります。
また、居室においては畳敷からフローリングやクッションフロアなど移動や移乗動作がしやすい床材質へ変更する工事も対象となります。

<対象外>
・カーペットの設置

4.引き戸扉への変更
開き戸を引き戸、折戸、アコーディオンカーテンなど、扉全体を取り替える工事が対象となります。
また、扉の撤去、ドアノブを変更した場合なども対象となります。

5.便器の取り替え
和式便器から洋式便器への変更へ取り換える工事が対象となります。

<対象外>
・既存の洋式便器へ補高便座を設置する工事{介護用品(福祉用具)購入の対象}
・既存の洋式便器に洗浄機能や暖房機能を取り付ける工事

6.上記各工事に附帯するもの
上記の工事のほか、各工事に付帯して必要となる工事も適用の対象となります。

① 手すりの取り付け

手すりの取り付けのための壁の下地補強

② 段差の解消

浴室の床の段差解消に伴う給排水設備工事・スロープの設置に伴う転落や脱輪防止を目的とする柵や立ち上がりの設置

③ 床又は通路面の材料変更

下地の補修・根太の補強又は通路面の材料変更のための路盤の整備

④ 引き戸への扉の取替え

壁又は柱の改修工事

⑤ 洋式便器等への便器の取替え

給排水設備工事(水洗化又は簡易水洗化に係るものを除く)、便器の取替えに伴う床材の変更

ただし、改修工事の内容がすべて介護保険の適用となるとは限りませんので、ご注意ください。

住宅改修のメリット

段差解消・バリアフリーによって、行動範囲の制限がなくなり安全性の確保、介護負担の軽減を実現できます。
活動領域が広がることによって、身体の機能維持向上ができ「良いスパイラル」を創造することが出来ます。

お住まいの環境の整備で安心で安全な在宅生活を実現!

共栄メディカル 住宅改修の特徴

1.

ご利用者様一人ひとりに専任の担当者がつき、住環境コーディネーター2級(※)保持者が打ち合わせ・施工に立ち会います。

2.

介護保険制度や住宅リフォーム助成など各種助成制度を利用したバリアフリーリフォームを行っています。

3.

秋田密着で35年以上の実績を持っています。

4.

改修後、住環境コーディネーター2級保持者が10日以内に訪問し、ご利用者様に最適かどうか確認します。

5.

介護生活に必要なものが全て揃います。

 

※福祉住環境コーディネーターとは、お年寄りや障害のある方に対し、できるだけ自立しいきいきと生活できる住環境を提案するアドバイザーです。
お年寄りや障害のある方が、家の中で動くのに不自由したり、福祉機器や介護道具が活用できなかったりといった不都合を解消するために、医療や福祉、建築などの専門家と連携して、個々のニーズにあった住宅の整備を提案していくという仕事を担っています。

今まで施工した工事例をご紹介いたします。

<秋田県横手市 住宅改修工事(トイレ改修・浴室改修)>

 

<秋田県羽後町 住宅改修工事(手すり取り付け)>

住宅改修工事の流れ

ステップ 1 ご相談・お問い合わせ
住宅改修をお考えのときは、まずはお気軽にご相談ください。現状の困っていることなどをお伝えください。

【お電話(フリーダイヤル)】

:0120-971-294

受付時間 9:00~17:00(土日祝日を除く)

※お急ぎの場合は、受付時間以外の時間帯でもお電話ください。

【メールでのお問い合わせ】

お問い合わせはこちら

受付時間:24時間可能

ステップ 2 ご相談・家屋調査
日程の調整後、弊社専属の施工管理者と福祉住環境コーディネーター資格を持つ専任担当者がご自宅に伺います。
普段の生活状況や改修のご希望を伺いながら、住宅の調査を行います。
ステップ 3 リフォームプランの作成とお見積の提示
ご要望と実際の調査に基づいてリフォームプランの作成とお見積を提示いたします。
リフォームプラン、費用などを確認したうえで、最終的に契約するか否かをご検討ください。
ステップ 4 事前審査(補助のある場合)
リフォームプランおよびお見積りにご了解いただいた後、助成金等が使用出来る場合はケアマネージャー協力のもと、申請に必要な書類を揃えて各市町村に申請します。

<提出書類>

○支給申請書
○住宅改修が必要な理由書
○工事費見積もり書
○住宅改修後の完成予定の状態がわかる図面等

*提出書類の詳しい記入方法、申請方法等は弊社までお問い合わせください。

ステップ 5 施工開始
施工前に施工担当者が施工箇所や仕様について再度ご説明させていただきます。
ご不明な点は何なりとお申し付け下さい。
ステップ 6 施工完了
施工が完了いたしましたら施工管理者がお伺いし、施工状況について「契約書通りに完成しているか、不具合はないか、施工時に問題はなかったか」などについて確認いたします。
ステップ 7 施工費用のお支払い
施工確認終了後、工事費用をお支払いください。
ステップ 8 住宅改修費の支給申請
施工終了後、領収書等の費用の発生がわかる書類等を各市町村へ提出します。
事前審査で提出した書類との確認、工事が行われた事実を確認後、住宅改修費が支給されます。

<提出書類>

○住宅改修に要した費用の領収書
○工事費内訳書
○住宅改修の完成後の状態を確認できる写真

*提出書類の詳しい記入方法、申請方法等は弊社までお問い合わせください。

ステップ 9 アフターフォロー
改修後のメンテナンスはもちろん、介護に関するご相談にお応えいたします。
追加工事、福祉用具のレンタル・販売等、お気軽にご相談ください。

<住宅改修工事の流れ イメージ図>

住宅改修に関するQ&A

工事の改修費用はどのように支払えばよいのですか?
【介護保険で認定される場合】
基本的に「償還払い」とされていますが、共栄メディカルでは「受領委任払い」の方法をとることもできます。
改修工事前までご利用したい方法をお伝えください。

償還払い

償還払いとは、ご利用者さまが住宅の改修費用の全額(10割)を一旦お支払いいただきます。
その後、市町村へ申請をしていただくことにより、介護保険給付分の9割(一定以上所得者は8割)を払い戻してもらう方法のことをいいます。

受領委任払い

受領委任払いとは、ご利用者さまから自己負担分の1割(一定以上所得者は2割)をお支払いいただきます。
残りの金額についてはご利用者さまからの同意に基づき、市町村から共栄メディカルに直接支払われます。

病院に入院中でも介護保険を利用して住宅改修できますか?
病院に入院されている間は、住宅改修の必要性が認められないため介護保険を利用しての住宅改修は行うことができません。
ただし、退院前にあらかじめ住宅の改修が必要な場合は、事前に市町村に確認をしたうえで住宅改修を行い、退院後に住宅改修費の支給を申請することが出来ます。
ただし、万が一退院出来なかった場合は市町村への申請ができませんので、慎重に検討する必要があります。
扉が古くなったので新しいものに交換したい。介護保険住宅改修の対象になりますか?
単に古くなったという理由だけでは介護保険の支給対象とはなりません。介護保険を利用できるのは、扉が重く、開け閉めが困難などの正当な理由が必要になります。
賃貸アパートの廊下などの共用部分の改修工事は介護保険の対象になりますか?
廊下などの共用部分は所有者の承諾を得れば可能であり、支給対象となります。

 

住宅改修のことでお困りのことや
わからないことがあったら、
ぜひお気軽にご相談ください。

豊富な知識と経験をもつ専任スタッフが
ご納得いただけるまで疑問やご相談にお答えします。

カタログ請求もこちらから!

福祉用具専門相談員がご相談をお受けします TEL 0120-971-294 受付時間 9:00~17:00(土日祝日を除く)
お気軽にお問い合わせ下さい

PAGETOP
Copyright © 秋田の介護負担軽減ナビ All Rights Reserved.