秋田県で介護用品(福祉用具)のレンタル・購入、住宅改修のご相談なら

立ち上りの困難を解消したい

  • HOME »
  • 立ち上りの困難を解消したい

私たちの体はよくできており、無意識に自分の動きやすい動作、動きやすい姿勢をとるようになっています。

例えば、立ち上がるとき、人は無意識に立ち上がりやすいように動作をしています。
椅子に座った状態で「足を引いて、頭を上げ、お尻を上げる」これらの動作がひとつでも欠けると、人は立ち上がれなくなります。
逆にいうと、ちょっとしたことで人は立てるようにも歩けるようにもなります。

自分にぴったり合った最適な福祉用具を利用し、人が立ったり、座ったりする動作を補助することで、スムーズに動作を行うことができるようになります。

以前、弊社では「足腰が不安定なため、床から立ち上がるとき何かにつかまって安全に立ち上がりたい」とのご相談を受けたことがございます。

ご相談 

足腰が不安定なため、床から立ち上がるとき何かにつかまって安全に立ち上がりたい

床からの立ち上がりを補助する道具として利用されるものとしては、「手すり」、「昇降座いす」などがあります。
ご相談者さまが、ご自身で道具を利用すれば立ち上がれるだけの下肢機能があること、膝や手首などの関節に痛みがないことなどを考慮し、「手すり」の活用をご提案させていただくとともに、立ち上がった後の移動導線の環境設定についてもアドバイスさせていただきました。

 共栄メディカルからのアドバイス

◎手すりの活用
◎手すりの正しい設置方法と正しい使い方
◎立ち上がった後の移動導線の環境設定

その結果、立ち上がるときの安定感がでて転倒の危険がなくなり、それまでは心配で手を借りていたご家族に頼ることも少なくなってご家族の介助の負担も軽減された、と大変喜んでいただきました。

アドバイスの結果

立ち上がるときに安定感が出て、転倒の危険がなくなった

家族の手を借りずに立ち上がることができるようになった

ご家族の介助の回数も減り、ご家族の負担が少なくなった

 

福祉用具(介護用品)は最適なものを選ぶ必要があります

福祉用具(介護用品)はご本人の能力が活かされ、生活が広がるきっかけとなりますが、スムーズな動作を補助するためには、利用される方の身長や体重、手足の長さ、普段の動作のクセなどを考慮して、最適な福祉用具を選ぶ必要があります。

私たち福祉用具の専門家は、今まで培った豊富な事例をもとに、最適な福祉用具を選ぶサポートをさせていただきます。
あなたが普段の動作をスムーズに行えるよう、さらには福祉用具を利用することで動作の拡大につながるよう、「プロの目線」でひとつひとつ丁寧に、福祉用具選定のお手伝いをさせていただきます。
病院やご自宅などへも無料訪問相談を承っておりますので、どうぞお気軽にお問い合わせください。

 

介護のことでお困りのことや、
わからないことはありませんか?

豊富な知識と経験をもつ専任スタッフが
ご納得いただけるまで疑問やご相談にお答えします。

カタログ請求もこちらから!

福祉用具専門相談員がご相談をお受けします TEL 0120-971-294 受付時間 9:00~17:00(土日祝日を除く)
お気軽にお問い合わせ下さい

PAGETOP
Copyright © 秋田の介護負担軽減ナビ All Rights Reserved.